カレンダー

<   2004年 12月 ( 43 )   > この月の画像一覧

WISE-WORKS 4 - ゆうきとも


hspace="0"
src=
"http://pds.exblog.jp/pds/1/200412/30/67/b0059267_19271491.jpg"
align="left"
border="0" />WISE-WORKSシリーズの最後、WISE-WORKS 4です。
この中ではいつでもシルバー&カッパーやワイキキハンカチ、D-ショックがおすすめです。
もしこれからWISE-WORKSシリーズを買おうと思っている方がいましたら、まず2からかうことをお薦めします。


 



おまちください:白紙の名刺が・・・2回変化します。

いつでもシルバー&カッパー:銅貨と銀貨が入れ替わります。

インパシービル:お札にペンを突き刺しますが・・・・。

ゼロゼロワン:紙マッチを使った透視?読心術?

アフターセブン:ストップトリックのバリエーションです。

ワイキキハンカチ:表、裏ばらばらに混ぜたデックから観客自身が自分のカードを探します。

D-ショック:8枚のクイーンを使った予言と入れ替わり。
ブレインウェーブとツイステッドシスターを合わせた感じのマジックです。

ボーナストリック:あした天気になーれ

 

 


[PR]
by pacemagic | 2004-12-30 19:28 | Magic DVD

オリジナルカードの作成


掲示板のほうに書いたオリジナルカードの作成サイトの内容を簡単に訳してみました。

 

必要なもの:

Tシャツ転写紙(1枚で25枚程度作れる。5枚で1000円くらい。)

ブランクフェースカードあるいは余分のジョーカー

Krykon社製スプレーニス クリスタルクリア

 

作成方法:

1.カードの表面の加工

目の細かい紙やすりで軽くこすり、カード表面のプラスチックコートを落とす。この作業が仕上がりに大きな影響を与えます。
ジョーカーを使う場合はアセトンで表面の印刷をふき取ります。アセトンを使った場合には紙やすりを掛ける必要はありません。


2.プリントするための絵柄の準備

ポーカーサイズの場合2.5x3.5インチの中に収まるような絵柄を用意します
(カードのサイズよりも上下左右1ミリ以上小さい絵柄がベストです)。続いて用意した絵柄の鏡像対を作り、
これをTシャツ転写紙に印刷します。

3.絵柄の転写

Tシャツ転写紙の説明書に従い低温のアイロンで絵柄をカードに転写します。

4.最終仕上げ

十分に冷めたら、Krylon Matte Finish Clear Coating (ラフ加工の場合)または Krylon
Gloss Finish Clear Coating (通常の光沢仕上げ)をカードにスプレーして、
カード表面をコーティングします。



原文ではKrykon社製スプレーニスが一番良いと書いてありますが、なかなか売ってるところが見つかりません。

国産のものでこれに代わるものがないですかね~?おそらく模型作ってる方が詳しいのでしょうね。

何かカード作成の情報がありましたら掲示板のほうによろしくお願いします。


[PR]
by pacemagic | 2004-12-30 12:15 | 雑記

WISE-WORKS 3 - ゆうきとも


hspace="0"
src=
"http://pds.exblog.jp/pds/1/200412/29/67/b0059267_2352285.jpg"
align="left"
border="0" />個人的には、前2作に比べ少しインパクトが弱いような感じですが、
手順は良く考えられておりとても参考になります。サロン向けのマジックという感じです。

ロジカリー・コップ:

ホッピング・ハーフ現象(2枚のコインのうち1枚をポケットにしまっても戻ってくる)が即席で行えます。
技法もほとんど使いません。

スペルチェッカー:

カード当てです。この手順には感心しました。

ミディアムディール:

”ビッグディール”のバリエーションです。これに使うギミックにも感心しました。

旧世紀シルク1.2.:

20世紀シルクの簡易版です。

白ダイスと赤デック:

目が何もかかれていないダイスに自由に2桁の数字を書き込んでもらいます。
さいころを振ってもらうとその枚数目から予言のカードが現われます。

いろカチ1.2.:

カラーチェンジングシルク

ひもチョキIII:

ロープが突然切れ、またつながります。

ボーナストリック:

008:

水に溶けるコインです。これはUGMで販売されています。

ナンダこりゃ!:

「アミダこりゃ!」として売られている商品のゆうきとも氏の手順です。


[PR]
by pacemagic | 2004-12-29 23:07 | Magic DVD

22 Blows To The Head - Jay Sankey

b0059267_19372447.jpgJay Sankey氏によるメンタルマジックのレクチャーDVDです。解説されているのは22と多く、140分にも及びます。またどれもほぼセルフワーキングなので比較的簡単に出来ますが、メンタルマジックですのでテクニックよりも話術や雰囲気作りが大切になります。最近のSankey氏のDVDと同様、このDVDでも観客の前での実演は無く、Sankey氏がただ解説するのみなので、少しわかりにくい点もあります。
私はメンタルマジックを演じるのが苦手なのですが、マリック氏がこの中のネタを演じるとおそらく凄く見えるのだと思います。
この中ではMercurial PredictionとHide, Keep & Give Awayはかなり強烈で、メンタルマジックが苦手な私がやってもとても不思議がられ、気持ち悪いって言われるほどです。

Graffiti:観客の名前が、観客の選んだカードにすでに書かれています。もちろん、初めて会う名前の知らない観客でも出来ます。
Homocide:封筒とワンホールパンチを使ったロシアンルーレット。
Laying On Of Hands:3つのフェーズからなる透視と読心術。
Mute:観客の選んだ鈴だけが鳴ります。
Simply Divine:観客に1枚カードを選んでもらいます。続いてデックをスプレッドしながら観客に適当に何枚かカードに触れてもらいます。それらのカードを抜き出し、好きな数を言ってもらいます。するとその枚数目から観客のカードが現れます。
Resistance Is Futile:客の選んだカードだけ裏の色が違います。
Casualties Of War:半分にちぎったカード3枚を上半分は表に、下半分は裏にしてテーブルに置き、順番を入れ替えます。好きなところでストップしてもらいますが、上半分と下半分が合っています。
Divided Attention:リストを使った予言。
Fade Away:客の選んだカード以外がブランクカードになってしまいます。
Black Market:紙マッチを使った予言。
Mercurial Prediction:赤裏のカードが予言として、4つ折にされクリップで留めてあります。続いて青裏のカードをマジシャンがスプレッドしていき、観客に好きなカードを選んでもらいます。クリップで留めていたカードを広げると、観客の選んだカードと一致します。
Symbolic:コインを使った予言。
Shufflecutdeal:全て観客に操作してもらいますが、結果はすでに予言されています。
Formal Affair:紙に書いたスプーンと本物のスプーンを使ったスプーン曲げ。
Confession:Out Of This Worldのバリエーション。
Reinactment:観客が心に思ったカードがカードケースから現れます。
Vital Statistics:カードを裏向きのまま3枚示し、観客にそのカードが何か想像してもらいます。カードを表向きにすると、観客が想像した通りになっています。
Memory Lapse:観客にいくつかの図形を覚えてもらいますが、いつのまにか忘れてしまいます。
Greed:"Bank Night"のバリエーション。
Hide, Keep & Give Away:マジシャンがカードをスプレッドしながら、観客に3枚カードを選んでもらいます。その中から一枚を保持、残りの2枚のうち、どちらかを隠してもらう、残りのカードを返してもらいますが、それがあらかじめ予言されています。
Serial Killer:観客からお札を借り、そのシリアルナンバーを透視します。
Locked Room Mystery:電話越しに相手のカードを当てます。

難易度:やさしい

総合評価:7点
[PR]
by pacemagic | 2004-12-28 19:36 | Magic DVD
b0059267_22431870.jpgPenguin Magicのでも動画でも有名なOz Pearlman氏のレクチャーDVDです。動画を見ても分るようにPearlman氏はとても上手く、私の好きな若手マジシャンの一人です。またこの人の解説はとてもわかりやすく、レクチャラーとしても大変すばらしいと思います。
デックの持ち方からフラリッシュまで詳しく解説があります。またルーチンも4つ、ストリートで実演した後、解説があります。ここで解説されているものはどれも有名なマジックなので詳細は省きますが、強烈なトリックです。
たとえばアンビシャスカードはオーソドックスな手順ですが、途中カラーチェンジを使ったり、カードが口まで上がったりと、楽しく、最後はポップアップで締めくくっています。またルーチンの解説の途中ミスディレクション等、細かなところも解説されているので、とても参考になります。
これからマジックをはじめようとする人にとてもお薦めなのですが、PenguinMaigcでしか売ってないってところが少し問題ですかね。
基礎:
Mechanic's Grip
Biddle Grip
Pinky Break
Thumb Break
Dribble to Secure a Break
Swing Cut
Swivel Cut
Double Lift
Top Palm
ルーチン:
Ultimate Transpo
Two Card Monte
Biddle Trick
Ambitious Card
コントロール:
Classic Pass
Hindu Shuffle Control
Double Undercut
One Handed Top Palm
Elmsley Count
Spread Cull
Swing Swivel Cut
フォース:
Hindu Shuffle
Riffle Force
フラリッシュ:
2 Handed Thumb Fan
Le Paul Spread
Springing the Cards
Erdnase Color Change
One Hand Thumb Fan
Hot Shot Cut
Pendulum Cut
Trinary Cut

難易度:初~中程度

総合評価:10点
[PR]
by pacemagic | 2004-12-27 22:43 | Magic DVD

Modern Coin Magic - J. B. Bobo

358ページからなる洋書です。Amazonでも買うことが出来ます。
116 Coin Sleights and 236 Coin Tricksと表題にあるように、古典的コインマジック(トリックコインも含む)の全てが網羅されています。これだけ載っていて$9.95ですので、多少英語が苦手でもコインマジックをする人はぜひ買ってみてください。

総合評価:10点
[PR]
by pacemagic | 2004-12-27 20:01 | 本、レクチャーノート

Ghost Kings

Magic Makersから発売されたDVDです。おまけで貰いました。現象はTwisting Acesで、方法はAsher Twistとほぼ同じです。(若干Asher Twistに手は加えられていますが)このためMagic Cafeでもかなり物議をかもしだしていました。解説されているのはこれだけで$12.95もするそうなので、Lee Asherのビデオを買ったほうが良いと思います。

難易度:中程度

総合評価:2点
[PR]
by pacemagic | 2004-12-26 18:51 | Magic DVD

WISE-WORKS 2 - ゆうきとも

b0059267_19181897.jpg
前作と同様、紹介されているものはそれほど難しくは無いのですが、とてもすばらしい現象を起こすことが出来ます。
普段はカードマジックしか興味が無い人も、ぜひシリーズを見ることをお薦めします。

デュオ
パースフレームとコインを使ったマジックです。

アベックピアノ
ピアノトリックのバリエーションです。16枚のカードを使い8枚ずつ2つの山に分けます。途中1枚のカードを観客の好きなほうの山に加えます。カードを加えていないほうの山を観客の手で覆ってもらいますが、マジシャンの山から途中で加えたカードが消え、観客が手で覆った山から現れます。

ザッピング
観客に一枚カードを選んでもらい、そのカードを再びデックに戻しカットします。観客が自分でペーパーナイフをデックに刺し、先ほど選んだカードを見つけます。

ディープインパクト
爪楊枝が100円玉を貫通します。

ダブ・ミックス
3カードモンテです。とても面白い手順です。

トリオ
想像したコインが実現化します。Geniiでも好評だったみたいです。
とても簡単にできるので、覚えておくと即興で何かやるときにも役に立ちます。

ディドリーム・ビリーバー
3本のロープを使った手順です。


難易度:初~中程度

総合評価:9点
[PR]
by pacemagic | 2004-12-25 19:18 | Magic DVD

Slow Burn DVD - Richard Sanders

b0059267_22134671.jpg
現象:お札の変化現象です。4枚のお札を手のひらに置き、ゆっくりとその表面をもう一方の手で撫ぜると他のお札に変化して行きます。

ギミックのお札を使うため全てを手渡しすることは出来ませんが、本物の紙幣もあるので支払い等に使うことが出来ます。高額紙幣しかない日本ではやりにくいですね。
同様なものにGregory Wilson氏のHundy 500があります。(ギミックはほぼ同じです。)

ギミックを使ったお札の変化なら、以前紹介したHypnoBillの方が個人的には好きです。

難易度:やさしい

総合評価:5点
[PR]
by pacemagic | 2004-12-24 22:13 | Magic DVD

Pass With Care - Peter Cassford

b0059267_2222126.jpgパスのレクチャービデオです。
「ザ・ロック」という方法により、クラシックパスの弱点をカバーしています。
解説も丁寧で、練習用のリピートモードもあります。またバリエーションもいくつか解説してあります。
私もずいぶんとパスの練習はしてるのですが、実際に使うことはほとんどありません。ターンノーバー・パスは結構使うのですが、クラシックパスは使いどころが難しいです。

難易度:中程度~

総合評価:7点
[PR]
by pacemagic | 2004-12-23 22:02 | Magic DVD