カレンダー

<   2005年 02月 ( 15 )   > この月の画像一覧

b0059267_2216262.jpgApollo氏と緒川氏、2人によるレクチャーDVDです。Apollo氏と緒川氏が交互にバックミュージックが流れる中、淡々とマジックを演じています。セリフもなく、観客もいません。以前TVで緒川氏のマジックを見たときには、ただ上手いなと感じるだけで、あまり面白味を感じませんでしたが、このDVDのように淡々とマジックを行っているのを見るとまるで別人のように見えました。この人はクロースアップよりもステージやサロンの方が向いているのかもしれませんね。カードマジックとコインマジックが幾つか解説されているのですが(緒川氏の解説の時にはApollo氏が適時、英語の解説を補っています)、コインマジックの方が見ていて面白かったです。コインマジックはWilson palm (J.W. Grip)、(DVD中では Fitch palmと呼んでいました)を使うものが多く、特に緒川氏のNeo-Purseは賢い手順だなと感じました。

Trinity: 銀貨が現れたり消えたりした後、チャイニーズコインに変化します。最後にはコインが完全に消失します。
Neo-Purse*: パースフレームとコインのルーチン。
Right on Cue: カードからビリヤードボールが現れます。John Bannon氏のTrick Shot Productionのバリエーション。
Royal Transpo*: リセットのバリエーション。
Slide*: コインの消失方法。
Coin Exercise: コインの消失方法。
Shoot Shot*: コインの消失方法。
Pits to Pockets: サインカードがいつのまにか観客のポケットに・・・
Fore Coins*: 4枚のコインの出現。
Changing Tabe: カラーチェンジ。1枚のカードが何度も変化します。
Pit Palm: 客のカードをスチール。
Anniversary Salsa*: アニバーサリーワルツのバリエーション。
Toast Aces: 4枚のエースが一枚ずつ、トースターからパンが飛び出すように出てきます。
Shooting*: ジャンボコインのルーチン。
(*緒川氏)

難易度:中~難

総合評価:8点
[PR]
by pacemagic | 2005-02-27 22:16 | Magic DVD

Sweet - Chris Randall

b0059267_1959183.jpgこれはかなり気に入っています。お薦めの一本です。Chris Randall氏の演技は洗練された感じでとてもかっこいいです。このDVDでは17つものマジックが解説されており、どれも素晴らしく演じてみたくなるものばかりです。クロースアップでも出来ると思いますが、どちらかというとサロン向けですかね。

Ashes: マクドナルド・エースのようなエース・アセンブリーです。この中で使われているフラシュトレーション・ムーブは使えます。通常のフラシュトレーション・ムーブよりもクリーンで、最初に見たときには見事に引っかかりました。
Sugar High: シュガー・パックの中に入っている砂糖が客の好きな色に変わります。
Silverose: バラの花びらを数枚ちぎり、火を点けるとコインに変わります。その後、3枚のコインのルーチンを行います。これはとてもかっこよかったです。
Mounting Off: 口にくわえたカードがビジュアルに客の選んだカードに変化します。簡単でとても効果的!
All Rolled Up: 客の選んだカードが別の客の手の中から現れます。
Pop Go The Aces: エース・プロダクション。
Re-Fly: 客の選んだカードを4つに破ります。その破片を1枚ずつ繋げてゆきます。コインマジックの3フライのような感じで、破ったカードの破片を繋げてゆきます。見事なアイデアだと思いました。
Portable Phoneix: カプス・オン・ファイヤー・ワレットの中から本物の鳥が現れます。
Frankenfish: 死んでいる魚が生き返ります。
7 Digits: 白紙の紙に電話番号が現れます。
Influence: 客の考えた形がカードの裏に現れます。
Phone Card: 1枚のカードが携帯電話に変わり、携帯電話の中からカードが現れます。
Pop Art: カード当て。
Jumbo X: 3枚のジャンボコインのルーチンです。
Heaven's Aces: 空の手から4枚のジョーカーが現れ、それがエースに変化します。見事です。
8 Ball: カードに書かれたボールを絵の中から取り出し、また絵に戻します。

難易度:中程度

総合評価:10点
[PR]
by pacemagic | 2005-02-24 19:59 | Magic DVD

ミスターマジシャンで販売されているメモライズド・デックの解説書です。80ページからなるレクチャーノートで、
第1部ではアーロンソンスタックの解説と覚え方、第2部では奇術編として5つの手順が解説されています。
特に日本人向けにアレンジされた語呂合わせは素晴らしく、ただ覚えるだけなら2時間もあれば覚えられます。(実際に観客相手に演じるには、
すらすらと覚えているのが出てこないとまずいので、さすがにもっと練習しなければなりません。)メモライズド・
デックを探している人にはかなりお薦めできます。


総合評価:8点


(最近、私が実際に使っているメモライズド・デックはHacker Stackというものですが、
ここで解説されている記憶用キーワードがかなり参考になり助かりました。)


[PR]
by pacemagic | 2005-02-22 23:08 | 本、レクチャーノート

Stealing Pips - Oz Pearlman

Oz Pearlman氏の最初のレクチャーDVDです。Oz氏のカードマジックはビジュアルな変化のあるものが多くとても不思議に見えます。このDVDではSAC MoveとBertram Changeという技法の解説もあり、この2つを目当てにこのDVDを買う人も多いことでしょう。Oz氏のレクチャーはミスディレクションなども細かく解説しているので、とても分りやすいのですが、このDVDは最近のものにしては映像が少し悪く、メニューの出来もいまいちです。

Perfecto: 客が自由にシャッフルした後、1枚カードを選び表向きにしたデックの中に裏向きに入れます。そのカードはあらかじめ予言されています。
Impossible Transpo: 2枚のカードがビジュアルに変化します。とても不思議に見えます。
Card Vanishes: 1枚のカードだけを用いたカードの消失と出現の繰り返しです。
IC3: 客にデックをを渡し、自由にシャッフルしてもらった後に3枚のカードを選んでもらいます。それらのカードはあらかじめ予言されています。
Twist & Shake: 4枚のクイーンを表向きに並べて持ち、軽く振ると、客が選んだカードと同じマークのクイーンが裏向きに変化します。裏向きになったカードを見ると、それは客の選んだカードに変わっています。
Shot Caller: Red Hot Mamaのバリエーションですが2度のカラーチェンジがあり、これはとても不思議です。
Thought Force: 客が目で見て覚えるカードをフォースします。
Load of the Twist: 上のTwist & Shakeと同様のマジックです。
Once Upon in a Time: デックを裏向きにテーブルスプレッドし、エースを探し出すといって1枚のカードを選びますがそれはクラブの3であり、外れてしまいます。広げたカードを集め、クラブの3をデックのトップに置き、怪しい動作なしに再びテーブルスプレッドすると、残りの3のカードがいつのまにか表向きになっています。表向きになった4枚の3のカードを取り出し、カードをこするとそれらは4枚のエースに変化します。

難易度:中~難

総合評価:7点
[PR]
by pacemagic | 2005-02-20 17:03 | Magic DVD
b0059267_1736453.jpgKnock-Out Coin Magicの最後の巻です。この3本の中でこの巻が一番面白く感じました。この巻では解説の無いマジックが6つ収録されていますが、これが素晴らしく、ぜひこの解説も出して欲しいと思います。

Mass Hypnosis: 3枚の銀貨と3枚の少し小さい種類の異なるコインを使用したワイルドコインです。
The Heckler: コインが消えたり、現れたりした後、コインが曲がり、ついには指がコインに貫通します。
Silverlint II: スペルバウンドを数回繰り返した後、ジャンボコインに変化します。
Two Card Reverse Matrix: タイトル通りの2枚のカードと4枚のコインを使用したリバースマトリクス。
Giant 4 Coins Through Table: 4枚のジャンボコインが1枚ずつテーブルを貫通します。
Karate Coins: タイトル通り、空手コインです。
Performance Only: Crazy Coins Across, Case Solved, Dragnet, Quatra Coin Reverse Matrix, Sucker Stand-Up Copper/Silver, Bologna Bebut

難易度:中~難

総合評価:9点
[PR]
by pacemagic | 2005-02-19 17:35 | Magic DVD

時間が無いにも関わらず

今週の月曜日に頼んだSanvert氏のWorld Champion Magic Vol.1-4とGuy氏のDrawing
Room Deceptionsが今日L&Lから届きました。ちょっと今仕事が忙しく暇な時間が無いにも関わらず、
今月も洋書数冊とDVD8枚も買い金欠状態です。ほんの少しSanvert氏のDVD見ましたが、上手いのは当然として、
氏の演技は明るく楽しく、これは当りの感じです。詳しい内容は、時間が取れたらレビューを書くつもりです。


[PR]
by pacemagic | 2005-02-18 21:28 | 雑記

CARDECEITS - Peter Duffie

Peter Duffie氏のeBook($15)です。Duffie氏は精力的にカードマジックを発表しており、
有名なものにVanished & Goneなどがありますね。CARDECEITSは2003年に発表されたもので、
約40ページにわたって17のマジックが解説されています。挿絵等は全く無く、文字だけの解説です。どれも素晴らしいのですが、
中でも特にNew Hue View とThree Down, One to Goはとても素晴らしく、
この2つだけでも15ドルの価値があると思います。


A Pain In The Ace : 選ばれたカードをデックの中央に戻しまが、
いつの間にかトップに戻っています。再びそれをデックの中央に戻します。デックのトップをめくると、
今度は観客が選んだカードではなくエースが現れます。デックをカットし、スプレッドすると4枚のエースが表向きに現れ、
その中央に1枚裏向きのカードが挟まれています。そのカードを見てみると・・・

The Rolex Gang : 4枚のエースを抜き出し、その間にカードを挟みます。
しかし挟んだカードは消えてしまいます。今度は別のカードをエースの間に入れると、再び消えてしまいます。観客にカードを選んでもらいます。
観客の選んだカードはクイーンで、同様にエースの間に挟みます。しかし今回はクイーンは消えません。
その代わりにエースがキングに変わっています。

Garden Path II : 選ばれたカードを裏向きにテーブルに置く。
3枚ずつ3つのパイルを作り、残りのデックを片づける。各パイルのトップカードを表向きにし、
その情報を使ってマジシャンは選ばれたカードを当てようとする。しかしそれは失敗に終わる。
パケットを取り上げ選ばれたカードで軽くたたくと選ばれたカードのメイトカードに変化する。

Inside Out :

New Hue View : マジシャン相手に演じるのに向いています。とても不思議です。


Between Queens & Dark Places:

Bad Influence: 4枚の赤いカードをテーブルに置く。その隣に4枚の黒いカードを置く。
観客はどちらかのパイルを選ぶ。次に4枚のカードのうちの1枚を選ぶ。選んだカードをパケットの中に戻す。
赤いカードのパイルと黒いカードのパイルを合わせる。観客が1枚ずつカードを除いていき、最後に1枚のカードが手元に残る。
除いたカードを表向きにすると全て赤いカードになっています。手元に残ったカードだけ違う色のカードです。

More Convivial: カードを選んでもらい、それをデックに戻す。
あなたはカードを探すことを3回試みるが、いずれも失敗する。そこであなたは失敗した3枚のカードを使ってマジックを行う。
最後に選ばれたカードが表向きに現れる。

Card of Darkness:

Deal Steal Collectors:

Counting the Maze Way:

Mini-Hellraiser: エレベータールーチン。最後は客の手の中で起こる。

Crime Suspect: 客が彼のカードの場所を見つける。

Three Down, One to Go:
観客の覚えてもらったカードがデックの中央に表向きになって現れる。

Suit Yourself Too: Roy Waltonの"Suit
Yourself"のバリエーション

Ulti-Print!: 4枚のブランクカードがいつの間にか印刷されています。


難易度:中程度


総合評価:9点


[PR]
by pacemagic | 2005-02-17 22:04 | 本、レクチャーノート
久しぶりに売りネタでも。

現象:ダイヤのエース、2、3、4のカードが突然クラブのエース、2、3、4に変化します。再び元のダイヤのカードに戻りますが、次の瞬間には4枚のエースに変わってしまいます。

特に難しい技法はありません。パケットトリックに慣れている人は簡単に出来ると思います。
上に書いた現象を起せるのですが、ただ一つ難点があります。カードの滑りが悪く、とても扱いにくい。またカードの概観も私の好みではないし・・・
出来ることならもっと良いカードで売り出して欲しかった・・・

難易度:やさしい

総合評価:5点(カードの出来が悪いため、トリック自体はとても素晴らしいと思います。)
[PR]
by pacemagic | 2005-02-15 22:59 | Trick
b0059267_1892130.jpgVol.1と同様解説は丁寧です。L&Lのサイトを見たところ、ビデオのほうは3巻を30ドルで売っているみたいです。67%オフなのでビデオでもいい人にはとてもお買い得かもしれませんね。L&LはWarehouseと同様、注文してから商品が到着するまでの期間が短く、私の所だと4日後には商品が届きます。
Voodoo Revelation: カードとコインを使ったルーチンです。1枚のコインにシールを貼り、サインしてもらいます。そのコインが何度もマジシャンの手の中に戻ってきます。最後にはコインに観客が選んだカードの名前が現れ、カードの裏にはコインに張ったシールが移っています。
Arithmatic Coins: コインがマジシャンの手の中で増えたり、減ったりします。
Kaps Matting Copper/Silver: 銅貨と銀貨の入れ替わり現象を何度か行った後、最後には・・・
The Dream: 4枚のコインとパースを使ったルーチンです。
Tax
Magic Coins
Giant Sucker Coin Vanish: ジャンボコインの消失技法の解説です。私は見事に引っかかりました。
Fingerless Retention Pass: コインを置くほうの指を使わないリテンションバニッシュの解説です。

難易度:中~難

総合評価:8点
[PR]
by pacemagic | 2005-02-13 18:10 | Magic DVD
b0059267_18591986.jpg私が持っているのはビデオのほうで、Vol.3まであります。今では3巻のビデオが1枚のDVDにまとまって販売されています。Rubinstein氏のコインマジックは派手さはありませんが、優雅で安心して見ることができます。基本技法の組み合わせですが、どれも難易度が高く、ここまで優雅に演じるにはかなりの練習が必要だと思います。練習をさぼりがちの私は当然できません。このなかではPurse Spellbound、Shuttle Flight、Okito Klinkerが私の好みでした。特にOkito Klinkerは好きで、昔はかなり練習しました。

Bogogna Debut: プラスチックのコイン→銅貨→銀貨と変化した後、4枚のコインが出現します。
Purse Spellbound: パースを取り入れたスペルバウンド。
Twilight Zone: 4枚のワイルドコイン。
The Black Hole: 4枚の銀貨を黒いコインのようなブラックホールに1枚ずつ投げ入れると消えてしまいます。消えたコインは最後に黒いボックスの中から現れます。
Shuttle Flight: 4枚の銀貨が一枚ずつテーブルに置いた1枚のカードの下に移ります。
Okito Klinker: コインが一枚ずつ金属で出来た箱の中に貫通します。音がとても効果的で、とても面白いです。

難易度:中~難

総合評価:8点
[PR]
by pacemagic | 2005-02-12 18:59 | Magic DVD