カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

<   2005年 06月 ( 11 )   > この月の画像一覧

いよいよ最後のVol.3となりました。Vol.1や2と同様、安定感のあるコミカルな演技で楽しませてくれます。

Have A Nice Day : 客のサインカードをデック中央に戻した後、ランダムな4枚のカードを取り出し、そのうちの一枚にスマイルマークのシールを貼ります。そのシールは他の3枚のカードにも増殖したのち、また消えて生きます。一枚だけシールの残ったカードを見ると客のサインカードに変わっています。以前紹介したThe Richard Sanders Show にも同様のマジックがありましたが、ぜんぜん印象が違いました。
Four Red Card Trick : ホーミングカード。
Barefoot In The Park : 3人の客が選んだカードを別の客が当てます。
Mini-Maxi : 二人の客が選ぶカードがあらかじめ予言されています。2枚目のカードは外れたように見えますが・・・
Get The Ball Rolling : ボールを使ったルーチン。
Rubber Illusion : カードが伸びたり縮んだりします。
Packed Bags : 客がシャッフルした後、自由に選んだカードが予言されています。
Throw In The Sponge : スポンジボールのルーチン。
That's Amore : 客の選らんだキングとマジシャンが選んだクイーンのマークが一致します。カードを裏返すと、LOVEの文字が現れます。
Another's Bet : 2枚のコインの飛行。
Perpetual Calendar : カレンダーの各日付にカードが一枚書かれています。客が選んだ日付のカードが予言されています。
Ultimate-M : 4分割されたジャンボカードを使います。客が4枚のカードを選び表を向けると・・・
Heart To Heart : 客が選んだカードから・・・

難易度:初~中程度

総合評価:10点
[PR]
by pacemagic | 2005-06-25 21:19 | Magic DVD

Vol.2はVol.1以上に楽しめました。この巻はカードマジックが主体となっています。この中からGrand Prix,
Oil & Water, Fast Foodなどを友人に演じてみましたが結構反応が良かったです。
解説されているマジック内容ももう少し詳しく書きたいのですが、あまり書くと買って見たときの楽しみが減るとおもうので簡単にしています。
以前見た「Lasting Impressions」ではそんなに面白いと思わなかった感じがあるのですが、このシリーズでは円熟味が出て、
とても楽しく見ることが出来ました。



Pocket Repeat : カード当て、飛行するカード。

4' Wave : B' WaveのColombini氏のバージョン。
ここで使っているフォースは覚えておくと応用範囲が広いと思います。

Hypno-Cards : 2枚のカードが客のカードになったり色々変化します。

Grand Prix :「 これでもかっエレベーター」
のように次々にカードを順番にデックから取り出していきます。また最後には。。。

Oil And Water : このオイル&ウォーターは素晴らしいと思います。
この手順を何人かに試しましたが、今までやったどのバージョンよりも受けが良かったです。

Probably Knot : ロープに作った結び目が瞬間に別の場所に移ります。

Elevon : エレベーターカード。3枚目の移動がビジュアルです。

Shenanigans : 「あした天気になーれ」に似た感じのパケットトリックです。

One For All : 3人の選んだカードを当てるのですが・・・

Fast Food :
2枚のカードを裏の色の違う3枚のジョーカーの間に挟むのですが消えてしまいます。客のカードは・・・

Balls & Cups : カップ&ボール。


難易度:初~中程度


総合評価:10点


[PR]
by pacemagic | 2005-06-24 19:17 | Magic DVD
b0059267_1425019.jpgこれは本当に楽しかったです。まさにマジックらしいマジックといった感じです。このシリーズはVol.3までありますがどれも素晴らしく、個人的には今年前半のベストDVDです。スライハンド至上主義の人たちには物足りない感があるかもしれませんがとても素晴らしいものだと思います。

Joker Dilemma : 青裏のカードを一枚予言のカードとしてテーブルに置きます。赤裏のデックを使い、2枚のジョーカーを取り出し、残りのカードをテーブルに裏向きに広げ客に1枚選んでもらい、ジョーカーにはさみます。客の選んだカードと予言のカードは一致し、さらに残りのカードを見ると・・・
Draw A Blank : 一人の客にカードのマークを、別の客にカードの数字を自由に言ってもらいます。カードケースから表裏ブランクのカードを取り出し、その中から4枚のカードをテーブルに並べます。客に2枚のカードを選んでもらい、それらを除きます。残った2枚のカードのうち、一枚を選んでもらうと客のカードが印刷されています。
Hollow Hole : 穴があいているカードを使い一枚客にカードを選んでもらいます。カードをデックに戻し、穴にリボンを通します。デックの上に風船を置き風船を割ると、客のカードだけリボンを通り抜けています。
Jumbo Coincidence : 上下半分に切断されたジャンボカードを使います。客にカットしてもらった後、一枚カードを選んでもらいます。上下に分かれたカードを一枚ずつ表向きにすると、客のカードだけ上下が一致します。最後にはいつのまにか残ったカードも一致します。これはふじいあきら氏もよくテレビで演じていました。
This Goes On : 予言やカード当てがことごとく外れますが、最後には・・・
Bleached : 4枚のカードのモンテ。
Magnetic : 二人の客にカードを選んでもらい、それぞれデックに戻します。カードを表裏に混ぜ合わせると・・・
Missing Link : 2本の色の違うロープを用い、片方の端を結び輪にします。もう一方のロープを輪に通し、客に端を結んでもらいますが、ロープの輪が外れます。
Ringing Around : ロープと輪を使った4フェーズからなるルーチン。
Apache : 4枚のカードを使った、トランスポジション、融合、分離。
Take Off : 穴のあいた封筒に入れたカードが消えます。

難易度:やさしい

総合評価:10点
[PR]
by pacemagic | 2005-06-23 14:03 | Magic DVD
Vol.3は買っていませんが、Vol.1, 2, 4のなかではこの巻が一番面白いと思いました。

Ring of Truth : 二人の客のどちらが指輪を持っているかを当てる。
Rhone Psychs : 考えた2桁の数字、選ぶカード、それらを元にして電話帳から選んだ電話番号全てを予言します。
Word Of The Ring : 予言を書いた紙を客に私その客に好きなページを言ってもらいます。ページの上に指輪を置き、指輪を動かし、客に好きなところでストップと言ってもらいます。指輪の中の単語と予言が一致しています。
Number Reversal : 客が思った3桁の数字からそれを反対にした数字の差を当てる。
Stigmata : 客にカードを覚えてもらい、左腕を握ってもらいます。すると皮膚に客のカードの数字が現れます。
Invisible Palmtop : 見えないパームトップコンピューターを渡し、2桁の数字と単語を入力してもらいます。その数字と単語が書かれた紙が机の上においてあったマジシャンの財布の中から出てきます。
Picture Duplication : いくつかのメモから好きなものを選んでもらいます。そのメモに書かれている内容を想像してもらいます。マジシャンはその内容を絵に描くと見事に一致しています。

難易度:やさしい

総合評価:7点
[PR]
by pacemagic | 2005-06-23 11:21 | Magic DVD
メンタルマジックは上手くできればほんとに凄く、不思議ですね。解説見ると簡単にできるかなとも思うのですが、実際やってみるとなかなか上手くいかないものです。やはり場数を踏まないとだめですね。この中ではAdd A Numberが手軽にできそうですね。

This 'n That : 名刺を使った予言。日本語でやるのは少し難しいかも・・
Lorayne's Buck : 客から借りた紙幣のシリアル番号の透視。
Add A Number : 4人の客が頭の中で自由に思った3桁の数字の合計の予言。
ESP Card Opener : ESPカードを使った予言。
PK Writing : 客が自由に思った単語の読み取り。
Loco Logo : 会社のロゴが印刷されているカードを用いた予言。
Picture Duplication Close-Up : 客がカードの裏に書いた絵の透視。
Number Duplication : 客がカードの裏に書いた2桁の数字の透視。

難易度:やさしい

総合評価:6点
[PR]
by pacemagic | 2005-06-23 11:19 | Magic DVD
この巻はメタルベンディングが主に解説されています。Nail BendやBag Methodは解説見て感心しました。ただメタルベンディングに使うスプーンやフォークがなかなか見つからないですよね・・・

Nail Bend #1 #2 #3 : くぎ曲げ、3回目は客の手の中でくぎが曲がります。
Key Bend #1 #2 #3 : 鍵曲げ。
Coin Bend #1 : コイン曲げ。
Silverware Bends : フォーク曲げ、客の手の中でフォークが曲がり、最後にはフォークの先が折れてしまいます。
Bag Method : 客が持った紙袋の中で3本のフォークが変形します。これはとても不思議でした。
Spoon Bending : スプーン曲げ。
Pencil PK : 鉛筆が動きます。
PK Pen : ペンが動きます。

難易度:やさしい

総合評価:6点
[PR]
by pacemagic | 2005-06-21 00:50 | Magic DVD

John Bannon氏の新刊

最近仕事が忙しく新しい製品をチェックしていなかったのですが、John Bannon氏の新刊「Dear Mr. Fantasy 」が出たみたいですね。2年程前から出ると噂されていて楽しみにしていたので早速来月にでも買おうと思っています。Magic Cafeを少し見たところトライアンフやラストトリック等の改案が20ほど解説されているみたいですね。
[PR]
by pacemagic | 2005-06-18 22:23 | 雑記
Vol.1よりも若干難しくなっています。この巻ではエッジ・グリップが多用されています。Vol.1と同様、基本的な技法とルーチンが解説されています。この巻で解説されているルーチンはどれも名作なので是非習得したいものですね。

技法
Retention Pass; Click Pass; Curl Palm; Kaps Subtletry; Spider Vanish; Benzais Friction Palm; Han Ping Chien; One-Handed Spellbound Change

ルーチン
Coin Through Hand: コインが手を貫通。
Hanging Coins: 4枚のコインを用い一枚ずつ消していきます。消えたコインが再び現れます。
Multiple Coin Production: 4枚のコインの出現。
Wild Coin: 4枚の銀貨を一枚ずつ銅貨に変えカップに入れます。しかしカップの中の銅貨はいつの間にか銀貨に戻っています。
Coins To Cup: 4枚のコインが一枚ずつカップに移動します。
Coins Throug Table: 4枚のコインが一枚ずつテーブルを貫通します。
Spellbound: 銀貨が銅貨に変化したり戻ったりします。この巻の中では一番難しく感じます。

難易度:中程度

総合評価:8点
[PR]
by pacemagic | 2005-06-18 22:16 | Magic DVD

TWENTY - Gaston Quieto

以前ビデオで販売されていたものがDVD化されたものです。トップ・ショットなど技法が多用されておりかなり難易度が高いように感じます。またかなり強引ともいえそうな大胆なこともしており、そのまま演じるのは大変難しいでしょう。

N.S Cardcase & Call of the Jokers: カードケースが瞬時に消え、デックのみが残ります。ジョーカー2枚を取り出した後、3人にカードを引いて貰います。客のカードを別々にデックに戻し、右手に2枚のジョーカーを持つと一瞬にしてジョーカーの間に一人の客のカードが現れます。また2枚のジョーカーはいつの間にか残りの客のカードに変化しています。

Wild Aces & Re-Test: 4 Acesプロダクション、4 Kingsプロダクション。取り出した8枚のカードとカードケースを使用したReset。カードの変化にとても大胆な方法を使用しています。

Hipnosix: 3枚のコインを1枚のカードを用いて一枚ずつ消して行きます。3枚のコインはいつの間にかカードの下に移動し、さらにもう3枚のコインとジャンボコインがカードの下から現れます。

Reverse Matrix: リバース・マトリクス。

Torn & Restored Card: トーン&リストアー・カード。

Though & Through: ガラスのテーブルを使用したカード・スルー・テーブル。
難易度:中~難

総合評価:7点
[PR]
by pacemagic | 2005-06-11 23:48 | Magic DVD

TIED - Jason Wethington

b0059267_10802.gifcoinvanish.comのレビューを見て面白そうだったので買いました。ドラマのような感じで通常のレクチャーDVDとは違った作りになっています。若干メニューの作りに不満がありますが内容は面白かったです。内容は主にコインマジックが解説されています。また隠し映像もあり、これを見るには "Behind the scenes" で上、上、下、エンターと操作するとTroy Hooser's "exTROYdinary"を見ることが出来ます。
(この詳しい解説はJason Wethington氏から直接買うとPDFファイルとして送られてくる予定があるそうです。)

Giggle Coins Across: 4枚のコインを用いた立った状態で行うコインズアクロス。
2003-3&3: 6枚のコインのコインズアクロス。
CST: 銀貨と銅貨の入れ替わり。
Pen and Drink Routine: コインとペンのルーチンの後、ボトルが現れます。
Who wants to be the Firebug: 客から借りたコインがマッチ箱の中に移動します。
Oil and Water: Rene Levand氏のオイル&ウォーターを元にした3つのフェーズからなるオイル&ウォータです。最後は完全に表向きの状態で赤いカードと黒いカードを交互に混ぜますがいつの間にか分離してしまいます。とてもクリーンに見えます。
Eat More Popcorn:
Okito Box Routine: Okito Boxとカード、コインを使ったコインマトリクス、リバースマトリクス。最後に・・・
The Gambler's Cards Across: 二人の客の手の中で見えないカードの飛行が起こります。

難易度:中程度

総合評価:8点
[PR]
by pacemagic | 2005-06-05 10:08 | Magic DVD