カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2005年 10月 ( 10 )   > この月の画像一覧

帰国

一日早いですが無事帰国しました。
帰りに大阪に少し寄れたので、幾つかマジックショップ巡りをしてきました。関西のマジックショップに行ったのは初めてだったのですが、何処も感じが良かったです。
次に行く機会があれば、事前に買いたい物を幾つかピックアップしてから行ってみたいと思いました。
[PR]
by pacemagic | 2005-10-29 17:50 | 雑記

出張

明日から出張で、戻ってくるのは日曜日の夜になるので、その間更新ができません。
見るべきDVDはどんどん溜まっているのに、それに比例して仕事も忙しくなってきました。
まとまった休みが欲しいです。orz
[PR]
by pacemagic | 2005-10-24 20:41 | 雑記

Ring Leader - Gregory Wilson

b0059267_20593083.jpg最近指輪とロープの手順にはまっています。リングフライトよりも客の受けがよく、その場に応じて臨機応変に手順が組めるのも良いです。指輪が紐から外れたり、投げつけると紐に貫通したりと現象がとてもビジュアルなので、私の持ちネタの中でも最も受けが良いもののひとつです。私の鞄の中にはいつも太目の靴紐が入っています。
Gregory Wilson氏のビデオ「Ring Leader」はThe Encyclopedia of Finger Ring and Ropeといったところでしょうか。氏の手順Ring Leaderの解説のほかに、Finger Ring and Ropeの色々な技法の解説があります。また紐の代わりにスプーンを使った手順やリングフライトと合わせた手順なども解説されています。
残念なことに製造元のMagicSmithではもう売っていないみたいです。販売権がPenguinMagicに移りDVDになっているみたいですがずっとOut Of Stockの状態です。

難易度:初~中程度

総合評価:10点
[PR]
by pacemagic | 2005-10-23 21:00 | Magic DVD

SPUN - Morgan Strebler

コインが両手の間に浮き、くるくると激しく回ります。さらに指先でコインを撫ぜるとコインが曲がってしまいます。
コインが曲がる方は「The Closer」としてPenguinMagicのインスタントダウンロード販売でも売られています。
まあタネは容易に想像がつきますが、丁寧に解説されているので勉強になりました。

難易度:中程度

総合評価:5点
[PR]
by pacemagic | 2005-10-17 23:56 | Magic DVD
Vol.3もVol.1や2に負けず、良質のマジックが揃っています。このシリーズは技術不要、セット不要で手順さえ覚えればとても不思議な現象を起すことが出来ます。そのためマジック入門者にはアマー氏のEasy To Master Card Miraclesよりもお薦めです。勿論マニアにも十分に楽しめるものが揃っています。

Topsy-Turvy Location (Stewart Judah): 表向きのカードと裏向きのカードが混ざった状態でシャッフルし、とても不可能と思える状態から客のカードを探し出します。客がある程度カード捌きが上手ければ、全て客に操作させ、マジシャンは一度もカードに触ることなく行うことも出来ます。
Dreamers Ball (Gavin Ross): 2枚の赤いエースが客のカードを捕まえます。
Untouched (Daryl): 客がマジシャンとなりマジシャンが選んだカードを当てます。マジシャンは一度もカードに触りません。
Surprise Poker (Aldo Colombini): マジシャンは8枚のカードを取り出し客の選択に従いカードを2つの山に分けます。2つの山を表向きにすると見事に赤と黒に分かれています。更に客がデックをカットした所のカードを加えるとロイヤルストレートフラッシュに!
Comedy Spelling (Aldo Colombini): スペルを使ったカード当て。
Two Selected Cards (Stewart Judah): 2枚の客のカードを客の選択に従いカードを除いていき、当てます。
Telemental (Bob King): マジシャンは一度もカードを触ることなく全て客自身が操作して客自身のカードを当てます。電話越しに行うことも出来ます。
Money Power (Roy Walton): 10枚のカードをテーブルに並べ客とマジシャンが好きなカードの上にコインを置きます。その後、更に一枚ずつカードを配ります。コインが置いてある所だけ2枚のカードはペアになっています。さらに、マジシャンと客のが選んだカードは同じ数字のカードです。
Another Aussie (Tom Craven): マジシャンが予言として書いたカードと最後に残ったカードが一致します。
The Jamesway Connection (Peter Duffie & Robin Robertson): 2人の客のカードが共鳴しあい、同じ所から現れます。
Adagio (Aldo Colombini): 客のカードとメイトカードが表向きに現れます。
Midnight (Aldo Colombini): サンドイッチエフェクト。
Switch-King (Aldo Colombini): サンドイッチエフェクトと客のカードとキングのトランスポジション現象。
Moderato (Aldo Colombini): 客のカードがデックから完全に消えます。しかし再び客のカードのスペルの枚数目から客のカードが現れます。
Full Speed Ace (Aldo Colombini): 4枚のエースを使って客のカードを探します。客のカードと客のマークと同じエースのカードがいつのまにか入れ替わっています。

難易度:やさしい

総合評価:8点
[PR]
by pacemagic | 2005-10-09 19:26 | Magic DVD

Torn - Daniel Garcia

下のYves Doumergue氏のRipped and Restoredとほぼ同じ手順です。見せ方がほんの少し違うだけで改案と呼べるものか・・・
両方の手順を追ってようやく違いに気が付く程度なのでRipped and Restoredを持っている人は買うまでも無いと思います。

難易度:中程度

総合評価:5点
[PR]
by pacemagic | 2005-10-04 23:42 | Magic DVD
観客に一枚カードを選んでもらいます。勿論どれを選んでもらってもかまいません。
そのカードに観客にサインをしてもらい、4枚に破ります。破った4枚の破片を1枚づつ元通りにくっつけて行きます。
最後は、完全に復活します。復活させたカードは客に手渡しすることも出来ます。
これのバリエーションとして他にもPuzzle CardとBlendedといった手順も解説しています。
解説は分りやすく英語が全く分らなくても問題ないと思います。

以前紹介したUnrippedも同様の現象を起せますが、下準備が面倒なのでお蔵入りになっています。Yves Doumergue氏のこの手順は昔何度かやったことがありますが、最近はやらなくなりました。個人的にはRipped&Repairedがいちばん簡単で負担が少ないので好きです。

難易度:中程度

総合評価:7点
[PR]
by pacemagic | 2005-10-03 21:36 | Magic DVD
これはMagicCafeで結構話題になっていたので結構楽しみにしていました。実際に見てみると、当初期待していたほどではないですが、なかなか楽しめました。特にRubberMadeは私の好みで、是非レパートリーに加えたいと思いました。

Ego: EgoフォースとEgoチェンジと言った氏のオリジナルな技法を使ったカード当てです。
Twisted: ビルチェンジ。ギミックは一切使用していません。
Third Degree: デックの上から火がついたタバコを押し当てタバコが止まったカードが客のカードです。
Personal Safe: コインズアクロス。最後のコインの移動ではコインが客の指輪に変わります。
Satisfaction Guaranteed: 両面が全て裏のデックを使ったルーチンの後、マジシャンがおまじないをかけると両面裏のデックは普通のデックに戻ります。
Rubber Made: 輪ゴムに指輪が貫通し、客の手の中で指輪が輪ゴムから外れます。続いて2本の輪ゴムを用い、1本をもう1本の輪ゴムに投げつけると輪ゴムはリンクした状態になります。最後には繋がった輪ゴムは外れ、客に改めてもらうことが出来ます。勿論輪ゴムに仕掛けなど無く、借りた輪ゴムでも出来ます。ある物の使い方に感心しました。

難易度:中程度

総合評価:8点
[PR]
by pacemagic | 2005-10-02 22:02 | Magic DVD

カード色々

何か面白いデザインのカード売ってないかなと色々探していると、Newt's Playing Cardsというサイトを見つけました。日本にも発送してくれるみたいなので今度何か買ってみようかな~。
[PR]
by pacemagic | 2005-10-01 23:36 | 雑記
Vol.2はVol.1にも増して面白かったです。この巻では4-5-6, Sloshed Or Sober, Silent Fall, Countdown Location, Back Up, ESP Number, Maestosoなどやってみたい物が半数近くもありました。特にESP Numberはとても不思議でした。

Small Talk (Richard Vollmer): 客がシャッフルした後、数枚のカードを取ります。取ったカードの枚数目のカードを覚えてもらいます。マジシャンはそのカードを当てます。
Come Together (Jay Sankey & David Acer): 客がマジシャンとなり、別々にデックに戻した2枚のカードをデック中央に集めます。
The Magic Lesson (Roy Walton): 4枚のエースに数枚のカードを加え、シャッフルとカットを繰り返した後、一枚ずつカードを除いていきます。残した4枚のカードを表向けると全てエースです。
4-5-6 (Al Thatcher): 客がシャッフルし、自由にカットした場所のカードを当てます。何人かに試してみましたがとても不思議がられました。
Sloshed Or Sober (Paul Gordon): 予言のカードとしてあらかじめ机の上に置いていたカードと客の選んだカードが一致します。さらに・・・。私はLee Asher氏のMay The Force Be With Youの後に続けて行っています。
Jackula (Michael De Marco): 2枚のJの間に客のカードが捕われます。
The Cape Canaveral Trick (Paul Swinford): 予言として紙に書いたカードが・・・。
Silent Fall (Aldo Colombini): 4枚のエースと予言のカードをテーブルに置きます。客のサインカードを4枚のエースに加え、おまじないをかけると客のカードが消えてしまいます。テーブルにあらかじめ置いてあった予言のカードがいつのまにか客のサインカードに変化しています。私はJohn Bannon氏のHeart of the cityが好きで昔よく演じていましたが、こちらもよりシンプルで良いと思いました。
Countdown Location (George McBride): 客の思った数の場所から別の客のカードが現れます。
Divertimento (Aldo Colombini): トライアンフ現象。とても簡単です。
One For All (Aldo Colombini): 予言のカードによる4カードプロダクション。
Back Up (Aldo Colombini): 二人の客のカードがデック中央に表向きになって現れます。
Elevon (Aldo Colombini): エレベーターカード。
ESP Numbers (Aldo Colombini): 数枚のカードをテーブルに置きます。10枚のカードを取り出しその中の一枚を覚えてもらいます。客の名前のスペルを使って客の覚えたカードを当てます。その後、カードを2枚ずつのペアにしテーブルに並べます。好きなペアを選んでもらい、そのカードを表向けます。カードの合計は最初にテーブルに置いたカードの・・・・・。
Maestoso (Aldo Colombini):客のカードを2枚のキングの間に挟み、カードケースに入れます。客のカードはカードケースをすり抜けて現れます。勿論カードケースの中には2枚のキングしか残っていません。

難易度:やさしい

総合評価:8点
[PR]
by pacemagic | 2005-10-01 08:16 | Magic DVD