カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<   2006年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧

International Magicから出ているDVDです。International MagicはオリジナルのレクチャーDVDを数多く販売しているのですが、画像の悪いものが多いです。内容がすばらしいものが多いだけに少し残念に思えます。
The Chris Power Lectureですが、私の嗜好に合わないこともあり、かなり眠気を誘われました。また英語が聞き取れないとかなりつらく思えると思います。
Hofzinser Cull, One Hand Top Palm, Top Change, Fan Steal, One Hand Bottom Palm, Multiple Cull等の技法も解説されています。

ultra Clean Sandwitch: 2枚のジョーカーの間に、客のカードが挟まれて現れます。タイトル通り、非常にクリーンに見えます。
The Gathering: 客のカードをデックのトップ4枚のカードの中から選び出します。残り3枚のカードは客のカードのメイトカードになっています。
Breaking The Ice: カードでグラスをたたくと、カードが客のカードに変化します。
Your Card, My Card, Anybody's Card: カード・アンダー・ザ・ボックスに続いて、1枚ずつマジシャンがカードをテーブルに配っていきます。客がストップと言ったところから、Your Cardと書かれたカードが現れます。次のカードを見るとMy Cardと書かれています。その2枚のカードを重ねて振ると、間からAnybody's Cardと書かれたカードが現れます。3枚のカードを客が持ち、マジシャンがデックをリフルするとAnybody's Cardと書かれたカードが客のカードに変わっています。その後、再びカード・アンダー・ザ・ボックスを行います。

難易度:中~難

総合評価:6点
[PR]
by pacemagic | 2006-03-29 09:23 | Magic DVD

Eccentrics - Charlie Frye

ようやく仕事が落ち着いてきて、時間が取れるようになってきました。

さてEccentricsですが、Charlie Frye氏はジャグリングとマジックを融合させた楽しいマジックを見せてくれます。演技のほとんどは無声のパントマイム形式なので誰が見ても楽しめるものとなっています。ただ、自分が演じるとなると難しすぎる・・・観賞用としては最高のDVDです。

OPENING RUOTINE:スプーン曲げやロウソク飲みなど小ネタのオンパレードです。
DICE MARTIX:4個のダイスとカードを用いたダイス・マトリクスです。ダイスが一つずつ移動して、一箇所に集まるのですが、消えたダイスの目と現れるダイスの目が同じになっています。その後ダイススタッキングをおこないます。ダイススタッキングについても少しだけ解説されています。
BILLIARD BALLS:ビリヤードボールとペンシルバルーンのルーチンです。ペンシルバルーンの丸く膨らんだところが取れて、ボールに変わったり、ボールが再びペンシルバルーンのふくらみに変わったり、とてもビジュアルです。ボール・ロール、ハンギング・ボール、ロール・バニッシュ、フィスト・バニッシュなどの技法の解説もされています。
COIN & FORKS:コインに二本のフォークを指しバランスを取ります。
THE CARD GRAB:カード一組を空中に放り挙げ、その中から観客の選んだカードを掴み取ります。
COINS:4枚のコインを空中から取り出します。最後は大量のお札が出てきます。
CUPS & BALLSb0059267_10185371.jpg:3カップのカップ&ボール。

難易度:中~難

総合評価:9点
[PR]
by pacemagic | 2006-03-26 10:21 | Magic DVD
押し入れを整理していたら、出てきました。最近DVDになり、これまでビデオだけだったため買い控えていた人も買いやすくなったのではないでしょうか。現象はどれも面白いのですが、なぜか私には合わなくて・・・セパレーション8やワラビーは買った当時は結構練習しました。トリック、技法の解説はとても丁寧で分かりやすいです。

シンプルツイスト:裏向きの4枚のエースのうち一枚を表向きにするが、元通りに裏返ってしまいます。再び同じように一枚を表向きにすると、今度は全てのカードが表向きになってしまいます。
ワラビー:4枚のエースと4枚のスポットカードで行う、マルチプル・アンビシャス・カードです。回を重ねるごとに同時に上がってくるエースの枚数が増えていきます。
YKK:客のカードが3つに分けた山の各トップカードが全て客の選んだカードに変わります。最後に各山を表向きにすると客のメイト・カードが現れます。エブリウェア・アンド・ノーウェアカード+フォーカード・プロダクションって言ったところでしょうか。
サンドイッチ2:サンドイッチカードです。
セパレーション8:3フェーズからなるオイル・アンド・ウォーター。
バニラスカイ:ジェイ・サンキー氏の「マグネットカード」のバリエーションです。アンビシャス・カード+フュージョン効果。手順中怪しいところがあるので私は一度も演じたことがありません。
サンドイッチ・トランスポ:マイケル・アマー氏の「スイッチング・サンドイッチ」のバリエーションです。タイトル通り、サンドイッチ現象+トランスポジション現象。
アンチ・カラー・トライアンフ:トライアンフ現象+α。結構好きで演じていましたが、最近は全くやっていません。

難易度:中~難

総合評価:8点
[PR]
by pacemagic | 2006-03-21 08:21 | Magic DVD