カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

<   2007年 09月 ( 2 )   > この月の画像一覧

読んでいないレクチャーノートも随分と溜まってきたので少しずつですが読み始めました。
まずは最近読んでいるPeter Duffie氏のレクチャーノートScotland Up Closeから、最初に紹介されているRoy WaltonのAutograph Hunterです。

現象:マジシャンがデックの中から魔法のカードとして一枚のカードを選び出します。このカードがデックの中で独りでにひっくり返り、裏向きのデックの中から、表向きになって現れることで、このカードの魔力を証明します。さらに、このカードは別のカードの裏に書いた客のサインを写し取ります。

ターンノーバーパスやクラシックパスを使用するなど、技法の難易度としては中程度ですが、それに見合った現象かというと・・・と言う感じです。パスを使う場面ではミスディレクションが利いているのでパスの練習には良いかもしれません。数度実演してみましたが、客の反応もイマイチでした。
[PR]
by pacemagic | 2007-09-28 11:09 | 本、レクチャーノート

LINK! - Nabil Murday

マジックをかじったことのある人なら、大抵の人が知っていると思われるCrazy Man's Handcuffsとそのバリエーションが解説されているDVDです。たいした期待もせずに買いましたが、なかなか面白かったです。Crazy Man's Handcuffsのバリエーションがこんなにあるのにも驚きましたが、Nabil氏は上手いです。輪ゴムが溶けるように外れるバージョン以外にも、輪ゴム同士が繋がるバージョンや借りた指輪同士が繋がるものなど色々と解説されています。解説も非常に丁寧でわかりやすく、演技、解説あわせると2時間以上ありました。
指輪を繋げるのに使うギミックはクロースアップで演じるのには少し勇気が要りそうです。また、ボーナスとしてThe Broken and Restored BandとThe Jumping Rubber Bandがありますが、こちらはあくまでオマケといった感じのものです。

難易度:やさしい

総合評価:8点
[PR]
by pacemagic | 2007-09-24 19:43 | Magic DVD