カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2007年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧

b0059267_19573916.jpgAlan Rorrison氏の最近販売された2枚のDVDの内の最初の巻になります。解説されているマジックは7つありますが、特に凄いと思うようなものはなく、ごく平凡なものでした。

Deep Impression: 客の選んだカードが腕に突き刺さります。
Relentless: コインを携帯の画面の上に置き、手で撫でるとコインが携帯の画面の中に入ってしまいます。続いて携帯の画面に入ったコインを取り出します。残念ながら私の携帯ではこれは出来ませんでした。
3 Shot Slammer: 3フェーズからなるコイン・スルー・ザ・グラスです。レギュラーコインと普通のグラスで行えます。
Evolution: 名刺に書いた絵を指でなぞると絵が別の場所に移ります。こんなものがあるとは。普通の文具店で普通に売られていました。この道具は色々と応用が利きそうです。
Hells Bend: 客から借りたコインが曲がります。(片手しか使いません)あるものを利用することで演技後すぐに両手を改めることができます。
Lightless Lights: 空中から光の元を集めると、両手の間から光が漏れてきます。
Broken Home: 鍵が根元から千切れた後、再びくっつきます。

難易度:やさしい

総合評価:6点
[PR]
by pacemagic | 2007-10-20 19:58 | Magic DVD
The E.S.P. Shuffleに続いてGavin Ross氏の作品です。

現象:エースのロイヤルストレートフラッシュ・プロダクション

マニア相手には通用しないと思いますが、一般の客向けには良いかと思います。
使う技法もcut deeper forceのみなので、特に神経を使う技法もなく演技に集中できるかと思います。
[PR]
by pacemagic | 2007-10-17 13:51 | 本、レクチャーノート

The Cardician - Edward Marlo

最近は、昔買った古いビデオも整理しながら少しずつ見直しながら見ています。
これはレクチャービデオと云うよりは、Ed Marloの自伝的ビデオといった感じでしょうか。
それにしても、氏は年をとっていても凄いカード捌きです。
いくつかのトリックの解説と、技法の解説があります。今となっては特に目新しいものはありませんが、パームやパス、セカンドあるいはボトム・ディールは詳しく解説されているので、Ed Marloを見てみたいという人には良いかもしれません。


Crossed Cases :青色と赤色の十字に交差したカードケースから青色のデックと赤色のデックを取り出します。
Direct Transposition :二つの山のトップカードが入れ替わります。
Aces to the Top :3フェーズからなる4枚のエースのコントロール
Large Face Small Back :ポーカーサイズのカードを裏向けるとミニサイズのカードに変化します。
Snap Change
Turn Down Palm
Future Classic Palm
Punch Deal
Cigar Bottom Deal
Table Edge Pass
Tap End Pass
Dribble Pass
Combination Pass
No Touch Theory Second Deal

総合評価:6点
[PR]
by pacemagic | 2007-10-14 00:43 | Magic DVD

CODY FISHER ON MAGIC

副題にReal magic for real peopleとあるように実用的なものが多く、演技、解説ともに結構楽しめました。

Real World Copper/Silver/Brass
Cody Fisher氏のS.C.B トランスポジションのルーチンです。最初にすべてのコインを検めてから演技に入ります。そのため当然コインのスイッチが必要となりますが、その方法がよく考えられています。
私自身S.C.B トランスポジションが好きで、よくDoc Eason氏の手順で演じるのですが、これも参考になりました。
The Headache Trick
客にブランクカードをフォースした後、そのカードにサインをしてもらいます。続いてそのカードを用いたアンビシャス・カードを演じた後、最後にサインカードがピルケースの中から現れます。また解説ではカードケースの中から出す方法も解説されています。カードケースから出すバージョンではカードケースに仕掛けがあるため、カードをスイッチする動作がなくなるので、マジシャン相手に行っても驚かれるかとと思います。(ブランクカード・セオリー、Sleeves Up Mercury、In-Jog Riffle Force等の解説もされています)
客にカードにサインしてもらう際にブランクカードを使うのは、早速利用したいと思います。これだとカードにサインする際の客の心理的負担も少なくなり、またレギュラーデックはそのまま使えることになり良い考えだと感じました。
Dr. Dailey's Last Blackjack
Dr. Dailey氏のラスト・トリックのCody Fisher氏の手順です。カードが入れ替わるパターの為に氏はブラックジャックとギャンブラー・テクニックの話を交えながら演じています。
Turtle Coins
David Roth氏のシェル・コイン・アクロスのCody Fisher氏の手順です。一般の客に対してなぜコインが瞬間移動するのかのパターもよく考えられています。氏の解説を見ていると、演じる際のセリフにも気を使っているのがよく解ります。
Las Vegas Aces
ラリー・ジェニングのオープン・トラベラーのCody Fisher氏の手順です。
Impossible Signed Card To Any Wallet!
マジシャンの財布の中にマジシャンのサインが書かれたレッドバックのカードが予言のカードとしてあります。続いてブルーバックのカードを使い客の選んだカードにサインをしてもらいます。サインカードをデックの中ほどに戻し、カードケースに戻します。財布の中の予言のカードを見ると、その表には客のサインが現れます。
丁度、このマジックに必要なものを持っていたので、早速作ってみました。難しい技法は必要なく、すばらしい効果がありました。

難易度:中程度

総合評価:8点b0059267_19475272.jpg
[PR]
by pacemagic | 2007-10-08 19:47 | Magic DVD
続いてGavin Ross氏のThe E.S.P. Shuffleです。

現象:10枚のESPカードを客に渡し、マジシャンも10枚のESPカードを手にする。マジシャンと客がそれぞれのカードを表裏ごちゃ混ぜに混ぜ合わせるが、客のカードとマジシャンのカードの順が一致する。

現象を読めば凄いように感じますが、手順を読むとほんとにこれで客が不思議に思うのかな、という気がしました。こうなるのは当然だと思うのですが・・・
きっとこういった感じのマジックはプレゼンが重要で、たとえばMr.マリック氏がやれば凄く不思議に見えるのでしょうね。
[PR]
by pacemagic | 2007-10-05 09:29 | 本、レクチャーノート
Autograph Hunterに続き、Gordon Bruce氏のThe Hands of a Surgeonです。

現象:客がデックを4つのパイルにカットすると、各パイルのトップからエースが現れます。

鏡の前で見る限り大丈夫だと思うのですが、大胆な技法を使うので、勇気が無く未だに実演していません。
客の前で密かにパケット全てを裏返す技法は色々と応用できそうです。
[PR]
by pacemagic | 2007-10-02 13:11 | 本、レクチャーノート