カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2008年 01月 ( 2 )   > この月の画像一覧

弐はヒロ サカイ氏のコインマジック作品集です。日本語で解説されているコインマジックのDVDは少ないのでこれは貴重な一本といえるかもしれません。私も一時期この中の1 To 5やクラシカル・スペルバウンドをよく演じていました。

マイ・リトル・カップス:銅貨と銀貨の入れ替わり現象のあと、2枚のコインはチャイニーズコインに変化してしまいます。(テーブルに座った状態で行う必要あり)私のような乾燥肌の人にはやり難い技法を使っています。
ミリケン・プラス:両手に握った500円玉2枚と10円玉2枚の入れ替わり現象の後、手に握ったコインと財布に入れたコインが入れ替わります。(座って行う必要あり。準備が少し面倒)
イン・パース:サインしたコインが財布を貫通し、財布の中から現れます。(必要な財布を探す必要あり)
コサイン硬貨:金貨、銀貨、銅貨を使った予言のマジックです。テーブルに置いたカードの裏に客の選ぶコインが予言されています。
1 To 5:500円玉の見えない飛行の後、100円玉5枚に変わります。
EZスペルバウンド:銀貨を撫ぜると銅貨に変わり、銅貨を撫でるとチャイニーズコインに変化します。
クラシカル・スペルバウンド:ダイ・バーノン氏のスペルバウンドのサカイ氏のバージョンです。
モグモグ:左手が2枚の500円玉を食べ千円札に変わります。
まばたきコインアセンブリー:4枚のコインに1枚ずつカードを置いていくと、一瞬でコインが一枚のカードの下に集まります。

難易度:やさしい~中程度

総合評価:6点
[PR]
by pacemagic | 2008-01-12 22:48 | Magic DVD
この巻も特に目新しいものも無く、ごく平凡なものでした。

Whiteside and Penman: 客にカードを選んでもらいます。次にそのカードのスペルの数だけカードを配ると客の選んだカードのメイトカードが現れます。2枚のカードを縦半分に破り、半分ずつを並べカードを手で撫でるとカードが繋がってしまいます。
Linker: カードで作った輪がリンクした後、再び離れます。
No Way: 4枚のジョーカーが一枚ずつ裏返った後、ジョーカーは4枚のエースに変化します。
Polter Deck: 客に1枚カードを選んでもらった後、デック中央にカードを戻します。すると、デックがひとりでに動き客のカードが現れます。今度はそのカードを表向きにデックの中央に半分くらい差込み息を吹きかけるといつの間にかそのカードがトップに上がってきます。最後はデックをカットすると、客のカードが飛び出してきます。
Joking: 3フェーズからなるサンドイッチ現象です。まずは客のサインカードが2枚の黒色のキングの中央に現れ、続いて2枚の黒色のキングの間に入れたサインカードが消え、デック中央から表向きに現れます。最後ははじめにテーブルに置いていた赤い2枚のキングの間からサインカードが現れます。
2 4 2: カードをドリブルしていると客のカードだけが表向きに現れた後、違うカードに変化します。再びそのカードをはじくと客のカードに戻ります。

難易度:やさしい~中程度

総合評価:6点
[PR]
by pacemagic | 2008-01-03 17:23 | Magic DVD