カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

COVERT MAGIC - IAIN MORAN

KICKED IN THE HEADの手順を思い出すために、最近もう一度パソコンで見ていると、ある事に気づきました。このDVDの中に「The Aces Pop」と「Eyes Wide Open」というレクチャーノートのPDFファイルが付いていたんですね。このレクチャーのとの出来も素晴らしく、単体でも販売されている「Hole Sensation」($18)の解説などもありました。もしこのDVDを持っていてレクチャーノートに気付いていない人がいらしたら、是非見ることをお勧めします。DVDの方も素晴らしく、ギミックを使ったものが中心になりますが、ギミックの処理まで良く考えられているのでとても参考になります。

SNAP, CRACKLE & POP:4枚のキングを一枚ずつ2枚のカードの間に挟みテーブルに置く。各山の上に手をかざした後、テーブルの中央で手を振ると、テーブル上にキングが現れる。非常にビジュアル。
THE COVERT CARD:一枚のカード(ミステリーカード)をテーブルに置く。4枚のクイーンを取り出し、客のサインカードをクイーンの間に入れると、客のカードが消え、ミステリーカードが客のサインカードに変わっている。
BIRDS OF A TRIUMPH:客がシャッフルしたデックを受け取り、通常のトライアンフ現象を行った後、広げたデックを一度閉じる。再びデックを広げると、客のカードと同じ数字のカードが4枚そろった状態で表向きのデックの中央に裏向きに現れる。
KICKED IN THE HEAD:Ryan SwigertのKick Backに似たトリックです。2枚の赤いエースを取り出し、テーブルに置く。客に2枚のカードを選んでもらい、覚えてもらった後、デックに戻す。2枚のエースをデックの上に表向きに置き、デックをカットする。デックを広げると、表向きのエースの間に裏向きのカードが2枚現れる。そのカードを客に取ってもらうとエースに変わり、マジシャンの手元に在ったエースは客のカードに変わっている。(ギミックの導入、処理まで解説されている。)
ALTERED ACES:JAZZ ACESの最後に、全てのエースがジョーカーに変化する。
TRIUMPHANT:トライアンフ+カラーチェンジングデック。ギミックとギミックの処理が簡単なため、演技後すぐにレギュラーデックに戻る。
SELECTION ERECTION:ライジングカード。
CARD HIGHWAY:4枚のエースとキングを取り出し、キングをスーツの各ポケットに一枚ずつ入れる。4枚のエースを数えると、一枚ずつ表向きのキングが現れ、エースはスーツの各ポケットから現れる。
SANDWICH III:マルチプル・サンドイッチ現象。
COIN-AGEDDON:3フライ。

難易度:中程度

総合評価:9点
[PR]
# by pacemagic | 2009-12-11 21:25 | Magic DVD

SWITCHCRAFT - Elliott J. Bresler

Elliott J. Bresler氏によるビレット・ワークの集大成です。
メンタリストにとってビレット・スイッチは最も強力な武器の一つですが、このレクチャー・ノートにはその全てが詰まっているといっても過言は無いと思います。購入すると471ページからなるPDFファイルが送られてきます。PDFファイルの中にはBillet Techniques、Theory、Sample Routinesが解説されており、ビデオファイルも埋め込まれています。ビレット関係で何か選ぶとしたら一番おすすめで、これ以外のものは必要ないのではないでしょうか。私はバージョン22の時に購入したのですが、改訂版が出るたびに改訂版が送られてきています。つい最近もバージョン24が届き、うれしい限りです。できればあまり人に教えたくないほど素晴らしいレクチャー・ノートだと思います。

総合評価:10点
[PR]
# by pacemagic | 2009-12-05 18:41 | 本、レクチャーノート

MIND STUFF - Paul Hallas

これもMagic Makers社のものなので、おまけで貰ったものです。2枚組みで、13ものトリックの解説がありますが、Mediumistic Book Test以外は特に面白いとは思いませんでした。Mediumistic Book Testは2枚の黒板の間にチョークを挟み、客に持っていてもらう。客が選んだ本の中の言葉が霊の力によって黒板に書かれるといった現象なのですが、2枚の黒板のムーヴが素晴らしく、早速手頃な黒板が欲しくなりました。これに必要な黒板は、両面書くことができる木枠の付いた仕掛けの無い黒板なんですが、なかなか売っている所が見つからないものですね。

Disc 1
50/50 Opener:1/2の確立の物なら、ボードに書かれた予言で当てることが出来る。
The Hunger:客に1から50の間の好きな数を言ってもらう、その数のカードの裏に書かれている食べ物が、あらかじめ袋の中に用意されている。もちろん、袋の中にはその食べ物しか入っていません。
Future Keys:鍵当て。客が何番目の鍵で箱を開けるかが、鍵のかかった箱の中に予言されている。
Picture Perfect:封筒に入れた絵葉書を読み取る。
Number Force Plus:数字の書かれているカードを表裏自由に混ぜてもらい、表か裏、どちらでも好きなほうを選んでもらう。選んでもらった数字と合計が予言されている。
Three Phase Routine:3段階からなるカード当て。

Disc 2
Total Recall:表に1から52の番号の付いたカードを混ぜた後、テーブルに一枚ずつ配っていく。客が好きな所で配るのを止めた所の2マーのカードの合計を当てる。
Somewhere:透明な袋に入った紙片を客が一つ取り出す。その紙に書かれている単語を当てる。
Hallastack:目隠しをした状態で選ばれた5枚のESPカードを当てる。
The Dead Zone:タロットカードを使ったマジック。客の選んだカードだけがブランクカードです。
Mediumistic Book Test:2枚の黒板の間にチョークを挟み、客に持っていてもらう。客が選んだ本の中の言葉が霊の力によって黒板に書かれる。本に仕掛けがされていますが、工夫次第で仕掛けの無い本でも可能です。
Battle of the Sexes:名前の書かれたカードを一枚選んでもらう。続いて客に好きな数字を言って貰い、その枚数だけカードを配り、何組かのパイルを作る。カードを表向きにするとアルファベットが現れ、最初に客が選んだ名前と一致する。
Prediction in Millions:1から9の番号が書かれたカードを混ぜて9桁の数字を作るが、その数字があらかじめ予言されている。

難易度:やさしい

総合評価:8点
[PR]
# by pacemagic | 2009-11-29 17:21 | Magic DVD
解説されているマジックはどれもテレビ映えする物ばかりです。このシリーズは3巻まであり、いずれも2枚組みで各巻とも非常に丁寧に解説されています。演技上の注意や、インスピレーションまで詳しく説明があるので、解説まで見ると3時間もあるにもかかわらず、飽きずに観賞することが出来ました。氏は貫通現象が好きだそうで、この巻では多くの貫通現象が解説されていました。携帯電話が風船の中に入るBaloonedなどは、風船の中に携帯電話が入った状態で客に渡すことができ、もちろん客自身が携帯電話を風船の中から取り出します。取り出した携帯電話には客からの着信暦も正確に残っており、機会があればぜひ演じてみたいものです。また有名なHatchingの解説もあり満足できるものでした。

Hatching:客の印をつけたコインが卵の中に入る。
Glastion:サインされたカードが借りた蓋のされたビンに入る。
Coinetration:サインされたコインが飲み物の入ったグラスを貫通する。
Sweet Card:客の選んだカードがグラスの底に表示される。
Balooned:携帯電話が風船を貫通して風船の中に入る。
CAPture:コインが手から消え、帽子の中から何度も現れる。
Crispes:サインされたコインがスナック菓子の袋の中から現れる。
ボーナス
Bending Coin 1,2:ベンディング・コイン。
Needle Through Finger:針が指を貫通する。

難易度:やさしい

総合評価:10点
[PR]
# by pacemagic | 2009-11-23 16:16 | Magic DVD

Voracity - Corey Burke

DVDの中ではTerminal Voracityも氏のWEBサイトから解説をダウンロードできるとあるにもかかわらず、未だに解説はアップされていません。MagicCafeでもそのことが物議を醸しておりますが、氏は説明する気が全く無いようです。
問題のあるDVDですが、私は結構楽しめました。まあ、Voracityの解説があるのでTerminal Voracityも映像を見れば何をやっているか解るので解説が無くても特に問題無い気もします。VoracityはHypno-Billと同様の原理ですが、こちらはギミックの取り外しも出来るので、変化した後の札を手渡すことも可能です。また、複数枚の紙幣の変化としてVicissitudeの解説があります。このギミック部分はSlow Burnなどと同じであるため、ギミックの作り方は解説されていません。ある物を付け加えることにより、変化後の札を全て手渡すことが可能となっています。私にはHAND OUT 500よりも、こちらの方が好みです。

Voracity:1ドル札が20ドル、50ドル、100ドル札へと3回変化する。最後に100ドル札を渡すことも出来る。日本の札でも可能だが、ギミックの製作にそれなりの出費を覚悟する必要があります。
Terminal Voracity:1ドル札と5ドル札のトランスポジション現象。パフォーマンス・オンリー
Homer's Odessey:ビジュアルな4枚のコインのコインズ・アクロスです。手を開いてコインを見せた状態でコインが突然現れる。
Pennies From Down Under:テンカイ・ペニーのバリエーションです。
Vicissitude:複数枚のビルチェンジ。ギミック自体はSlow Burnなどと同じであるため、その作り方は解説はされていません。最後にギミックを除くことが出来るので変化した後のお札は全て客に渡すことが出来ます。
Mercenaring:リンキング・リング。4つのリングのルーチンです。
Monocle Production:3枚のコインの取り出しと、消失、再び取り出す。

難易度:中程度

総合評価:8点
[PR]
# by pacemagic | 2009-11-19 00:01 | Magic DVD
3フェーズからなるオイルアンドウォーターです。ギミックだと知らずに購入したため、実物を見て少しがっかりしました。しかも私の苦手なギミックだった為、2度がっかりするハメになりました。
私にはそんなにクリーンに見えなかったのですが、どうなんでしょうか?

難易度:中程度

総合評価:6点
[PR]
# by pacemagic | 2009-11-17 23:23 | Magic DVD

HAND OUT 500 - STEVE HAYNES

買うか迷っていましたが、丁度MagicProShopでキャンペーンをやっており、99ドル以上買えばおまけで付いてきました。48時間限りだったのですが、まだキャンペーンは続いているみたいです。
現象は複数枚の札の変化で、日本の札でも演じることは可能です。ただし、相当の出費を覚悟する必要があります。DVDの中で、ギミックの作り方は丁寧に解説されていますが、作るのは結構手間がかかります。
ボーナスとして、同じギミックを利用した、カード・トゥー・ワレットの解説もあります。
アイデアは結構面白かったのですが、自分で演じることはなさそうです。

難易度:やさしい

総合評価:7点
[PR]
# by pacemagic | 2009-11-17 00:23 | Magic DVD
英国のマジシャン達によるメンタルマジック集です。Vol.1は200ページ、Vol.2は223ページもあり、ようやく読み終わりました。解説されているものはVol.1では41個、Vol.2では45個もあるので、きっと好みの物が見つかると思います。私にはVol.2の方が面白かったです。またいくつか演じてみたいものがあり、機会があれば早速試してみたいです。メンタルマジックに興味がある方にはDVDよりも、レクチャー。ノートや本で勉強したほうがセリフなど参考になることが多いのでお勧めです。

総合評価:9点
[PR]
# by pacemagic | 2009-11-15 16:59 | 本、レクチャーノート
Vol.1に比べて若干面白みに欠ける気がしますが、色々と勉強になるところがあります。
ただ、カードマジックに関してはこちらの巻の方が楽しめました。

Touch of Brass:3枚の銀貨が一枚ずつチャイニーズコインに変わる。
Color Changing Dec:カラー・チェンジング・デック。
Redirected Coins Across:コインズ・アクロス・
Coin-Fusion:3枚のコインがチャイニーズコインに変わる。
Ultimate Illogical Cut:フラリッシュ的なカット。
Slipstream:サンドイッチ現象。
Double Decker Plus:カラー・チェンジング・デック。
Sponge Ball Bonus:スポンジボールの技法の解説。サムチップの加工について解説されている。

難易度:中程度

総合評価:7点
[PR]
# by pacemagic | 2009-11-11 21:57 | Magic DVD
気になっていた手順があったので久しぶりにTroy Hooser氏のTotal Destructionを見直してみました。
DVDではカードマジックとコインマジックが解説されていますが、氏のマジックはコインマジックの方が楽しめます。
コインマジックではシェルやフリッパー・コインの使い方が参考になります。

Bottle Production:クロースアップマットからワインのボトルが出現する。
Extraordinary:3枚のコインの消失と出現。このDVDのメインとなるもので、DVDの約4分の1を占めています。
Throw Switch Sandwich:客の選んだカードが、トップに置いた2枚のクイーンの間に現れる。
3 Fly One:スリー・フライ
3 Fly Two:スリー・フライ
Guess Your Weight:客にデックから適当にカードを取ってもらう。マジシャンはそのカードの枚数と同じ枚数のカードを目分量で取り出す。さらにもう一度取り出したカードのトップカードをめくると客のカードが現れる。
Coins to Glass:3枚のコインがグラスに飛び移っていく。
Zombie Change:カラーチェンジの技法の解説。
Pendulum Cut:フラリッシュ的なフォルス・カット。

難易度:中程度

総合評価:8点
[PR]
# by pacemagic | 2009-11-10 22:00 | Magic DVD